たれ目になりたい。目を大きくしたい。目力をつけたい。あなたに合った自然な形と大きさの目もとデザインを提供します。

あなたは“目”のどこが気になりますか?

日本人の目元の形~流行の目のデザイン~

若い女性の流行のメイクには「デカ目」「たれ目」「ネコ目」があります。一時韓流の〇〇女優風が流行りましたが、日本人には定着しなかったようです。
デカ目」も「たれ目」も優しい印象で且つ「目力をつけたいから」と理由のような気がします。「ネコ目」のメイクも目尻のラインの違いだけで結局は黒目を大きく見せるテクニックです。

メイクでできるたれ目以上を望む患者様は「黒目を大きく見せたい」、「目力のある目元にしたい」という要望が多いと思います。

日本人の“かわいい目”とは

目の黄金比率

黒目10%UP

日本人の美人に見える瞳の黄金比率は1:2:1と言われています。カラーコンタクトで瞳を大きくする女性が多くいますが、“黒目は大きい方が魅力的”というのとは違います。黒目が大きすぎるのはNG!美しく見える瞳の条件は、白目と黒目のバランスが良いという事です。

ここで大事なのは「白目と黒目のバランス」です。

目頭切開をした、二重まぶたにしたい、と患者様は希望しますが、カウンセリングでよく要望を聞くと施術の内容の知識を正確に知らない為に自分のなりたい目のイメージがあってない方が多く、その考えが間違えている方が多くいます。
「白目と黒目のバランス」は一人ひとり違います。
ご自分にあった自然な目の形で大きく美しい目にするためには、いろんなクリニックでカウンセリングを受けて、術者のドクターの考えを知ることが大切です。お顔のオペのうち特に瞼や鼻の手術は、失敗するとなかなか回復手術がむずかしく、最悪の場合手術不可能となってしまうこともないわけではありません。
まず最初に手術を考えたのなら、時間とお金を惜しまずに、いろいろなクリニックに相談に行かれることをお願いしたいです。

たれ目メイクと流行の目元について

目元の症例紹介

八事石坂クリニックの院長メッセージ

院長:医学博士

大口 春雄 Haruo Oguchi

かけがえのない大事な目・瞼にメスを入れることがいかに重大なことか、患者様にはなかなか伝わりません。当院で修正手術の相談に来られる患者様は、オペを受けてみたけど想像した状態と違う、もしくは以前より悪くなっていると思う方が多くいます。
特に瞼や鼻の手術は、失敗するとなかなか回復手術が難しいため、再手術不可能という事もないわけではありません。
目もとであればメイクで実現できるものはメイクでよいと思っていますし、糸で止める埋没法であれば戻すことは可能です。でも切開してしまうと、まぶたの場合はかえってまぶたの腫れぼったさが強調されてしまう、という例もあります。
当院では長い時間をカウンセリングに費やして、必ず患者様にご納得いただいてから手術を致します。
少しでも不安なことや不明なことがある場合は手術を致しません。
また時間とお金を惜しまずに、いろいろなクリニックに相談に行かれる事もお勧めしております。ご自分の考えと術者のドクターの考えが合致し、納得されて信頼できるドクターを手術をしてもらうのが一番だと思います。当院では手術する、しないにかかわりなく、カウンセリング時には嘘偽りのないお話をすることをお約束します。
美容整形の手術ならそれを聞いたあとで決心しても、決して遅すぎることはないと思います。

八事石坂の流儀について

当院の人気のランキング

他院で手術を受けられた方へ

目元の修正手術の場合

当院でのオペを検討中の方へ

納得されるまでカウンセリング致します

アクセス

〒468-0076
愛知県名古屋市天白区八事石坂
601 カンピオーネ八事石坂1F
最寄駅
地下鉄 名城線・鶴舞線八事駅
2番出口スグ

詳しいアクセス方法はこちら

八事石坂クリニック

オフィシャルサイトはこちら

トップページへ