Clinicクリニック紹介

目元の修正手術について

他院での手術で“何をされたか”を探り当てます

鼻の修正と違って、目元は手術の影響や医師の技量の違いが結果にはっきり出ます。ですから、当院で修正手術を行うときには、前回の手術の際に他院で“何がなされているか”を探りながらの手術になります。一般の患者さんにとって「全切開重瞼術」といえば、どこで受けても同じだと思っておられるかも知れませんが、実はクリニックによって手術方がかなり違うのです(これは鼻の手術同様に、同じ名前の手術だからどこで受けても内容が同じ、とは限らないのです)。
むしろ私のやり方と同じ手術に出合うことは稀で、もし、みんなが同じ内容であれば患者様が当院へと修正に訪れることはなくなると思います。

一般に「全切開重瞼術」には、修正できる場合と修正がかなり困難な場合があります。修正ができるのは、重瞼ラインが消えた… もしくは、薄くなった… のをはっきりさせる場合と、狭い二重の幅を広げる場合、そして目の開きが悪くなっている場合、などです。逆に修正が困難な症例は、重瞼ラインがはっきりしすぎてそれを薄くする場合や、広すぎる二重の幅を狭くする場合、目の開きが大きすぎるのを戻す場合などです。

そこから考えると、初回の手術で後者のような大きな二重を希望している患者さんは、よほど注意して手術を考えないといけないことがわかります。

話をもとに戻しますが、「全切開」には様々なやり方があり、前者のような結果になる場合、なされている手術法には共通点があります。それは「挙筋腱膜」の処理の仕方がまずいことです。これをきちんと行えば、重瞼ラインが薄くなるとか、目の開きが悪くなるという失敗は少ないのです。重瞼ラインに一致するところの皮膚を腱膜に固定することで、ライン消失や浅くなることを防ぐことができます。ライン消失の患者様の修正手術をすると、腱膜が同定されていなかったり、違う膜に固定されていたりします。患者様には、腱膜が同定されていない、ということが分かりにくいかもしれませんが、そもそも薄いまぶたの中からさらに薄い腱膜を見つけ出すことは本当に難しいことなのです。

また形成外科で眼瞼下垂の手術のトレーニングをしたことのない先生の中には、本当の挙筋腱膜を見たことがなくて、長年違う膜を腱膜と信じて手術している先生もおられるようです(修正手術をしていると、そういったことも含めて前回手術の術者が何を考えて手術したか、全部わかってしまうものです)。
修正手術は、前回の手術の内容を推理し考えながら、それらを一つひとつ検証して①結果との因果関係を探りながら明らかにしたあとで、②状態をリセットし、③新たに患者さんの希望した瞼になるように手術を最初からやり直すという手順が必要になります。

「やり直しができる手術」が当院のモットー

美容医療の手術はやり直しができる手術、あるいは調整ができる余地のある手術を心がけるのが肝要だと思います。私が好んでする手術方法も、大部分、この基準で選ぶようにしています。挙筋腱膜を用いた重瞼術や、鼻先の調整がしやすい鼻中隔軟骨延長術などはその代表です。さらに大事なことは、手術中はできるだけ組織を傷めないように丁寧な手術を心がけるということです。

他院での術後に修正手術を手掛けていると、前回あるいは前々回の手術でどのような扱いを受けたかで修正手術の成否もほぼ決定されてしまうことを痛感します。
乱暴な手術の後には、びっしりと瘢痕形成が生じ、組織もひどい損傷を受けており、修正がかなり困難になります。

逆に丁寧な先生の手術後は、瘢痕形成が少なく、組織も温存されていて、結果、修正が明らかにやりやすく容易であったりします。
術前に100%患者さんの術後のイメージを術者と共有できる保証のない現状では、まずは時間をかけたカウンセリングが第一で、その次は丁寧で柔軟性のある手術を心がける、ということで結果的に少しでも成功率を高められるようにできればいいと思います。

目元悩み

当院の人気のランキング

他院で手術を受けられた方へ

目元の修正手術の場合

当院でのオペを検討中の方へ

納得されるまでカウンセリング致します

アクセス

〒468-0076
愛知県名古屋市天白区八事石坂
601 カンピオーネ八事石坂1F
最寄駅
地下鉄 名城線・鶴舞線八事駅
2番出口スグ

詳しいアクセス方法はこちら

八事石坂クリニック

オフィシャルサイトはこちら

トップページへ