当院でのオペを検討中の方へ

trouble治療法

「埋没法」と「切開法」の相違

重瞼術は顔の印象をガラリと変えてしまう

美容医療外科で最もポピュラーな手術と言えば「重瞼術(二重まぶた手術)」です。すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、これには「埋没法」と「切開法」があります。
私なりの考え方を申し上げると、重瞼術は顔の印象をガラリと大きく変えてしまう可能性があります。だからこそ美容外科手術の王様と呼ばれるのですが、たまにその極端な顔立ちの変化に気持ちがついていけない患者様がいます。だからこそ、埋没法はそういった患者様に最適であると考えています。

なぜなら、万が一患者様が「もとに戻したい」という事態が起きても、基本的には糸を抜去すればもとにもどすことができるため重大な結末にならずに済みます。それに比べて切開法は、もとに戻すことはほぼ不可能と考えられるので、起こりうる事態がとてもシビアです。したがって今回が初めての重瞼術、という患者様には有益な手術法といえます。

この考え方からあえていうなら、最近聞く「二重のラインが絶対に取れない埋没法」とか「抜去できない埋没法」というのは少し矛盾を感じます。逆に、切開法でラインが取れてしまう、という事態は最悪です。
瞼に傷をつけてまで受けた手術にも関わらず、ラインが取れてしまったならば何の意味もないといえます。ラインが取れてしまうなら、切らずに埋没法でもよかったのでは、ということになるからです。
美容外科医は、切開法で重瞼術を行うなら少なくともラインが取れない方法を選択しなければいけない、と書いたのはこういった理由からです。

本当に目元の手術が必要なのかを見極める

最近は本当に皆さんのメイクテクニックが上達して、理想の目元に美しく仕上げていらっしゃいますね。ここで私がいちばん言いたいのは、すでに患者様がそれぞれメイクで「なりたい理想の目元」を見つけて、形にされているということです。
つまり、手術はしなくてもある程度、アイテープやつけまつ毛、アイライン等で目元は修正が可能だと言えるのです。

わが国では、重瞼術(二重まぶた手術)が美容外科手術の中で最も多いと言えます。しかも、海外に比べて日本では最も研究され、発展した美容医療分野とも言えます。「目は口ほどにものを言う」と言われるくらい、目元が美しいとそれだけで輝いて魅力的に見えるということから、年齢を問わず目元のメイクやオシャレには関心が高いのです。現在の美容外科の技術はあなたの希望をかなえ、メイクするようにパッチリした二重まぶたにすることができます。

重瞼術を決心しても、手術という初めての経験で不安でいっぱいな方もたくさんいらっしゃるでしょう。とくに二重のラインや幅については、本当に自分に似合うのかどうか、思ったとおりの目元にできるのか気がかりです。

でも、手術を施した後は、毎日のメイク時間が短縮されたり、素顔とメイク後の印象があまり変わらなくなったり、何より、憧れの目元が手に入るというメリットがあります。
そのためにも、まずはカウンセリングであなたの気持ちや不安、なりたい目元をすべて医師に伝えてください。あなたに最適な方法をアドバイスするのが私の責任であり、やりがいでもあります。何でもご相談ください。

目元悩み

当院の人気のランキング

他院で手術を受けられた方へ

目元の修正手術の場合

当院でのオペを検討中の方へ

納得されるまでカウンセリング致します

アクセス

〒468-0076
愛知県名古屋市天白区八事石坂
601 カンピオーネ八事石坂1F
最寄駅
地下鉄 名城線・鶴舞線八事駅
2番出口スグ

詳しいアクセス方法はこちら

八事石坂クリニック

オフィシャルサイトはこちら

トップページへ